弁当配達相談室
HOMEへ  お弁当の種類     ファックスお弁当注文表  東京  横浜  川崎  携帯

ロケ弁の相談   メールで相談  お弁当作り相談室幼稚園のお母さん為の   sitemap

English     中国語   韓国語

お弁当って何

お弁当の調理器具について。

お弁当の食材
について。

お弁当の前日、
事前調理について。
(下ごしらえ)

お弁当の食品衛生について

お弁当の容器
について。

お弁当作り
朝の手順について

幼稚園のお弁当

スポーツのお弁当

スローフードな
お弁当

ダイエットなお弁当

糖尿病などの
お弁当

西区 中区 港北区 港南区 泉区
神奈川区 瀬谷区 青葉区 都築区
保土ヶ谷区 金沢区 南区 緑区
鶴見区 戸塚区  磯子区 栄区
旭区

大船 鎌倉 北鎌倉 葉山
横須賀 藤沢 平塚 逗子市 葉山町
横須賀市 茅ヶ崎市 三浦市 町田市
綾瀬市 座間市 相模原

川崎区 幸区 中原区 高津区
宮前区 麻生区 多摩区

幼稚園のお弁当

幼稚園児にお弁当をしっかり食べてもらうのは

なかなか大変なことです。

メニューや栄養バランスに気を使うのは当たり前ですが

お母さんとしては 好き嫌いなく 元気に育って欲しいと願うわけですから

以下の二つのことを守ってお弁当造りをすることを提案します。

①加工食品に頼らない

とかく朝の仕事が忙しいのにお弁当に加工食品を使わないなんて、何言ってるの!

お叱りを受けそうですが。まあ、聞いてください。

冷凍食品や加工食品は売れなければいけませんから、過剰に美味しいのはご存知ですか?旨味成分がこれでもかと過剰に入っています。ポテトチップや炭酸飲料に気をつけるお母様もお弁当用の冷凍食品には何も注意を払わないようです。
加工食品は塩分も過剰なことが多く若年制の糖尿病を起こす原因の一つとも言われています。子供がその食品になれると おだしから自分ではった煮物などは味や風味が薄く、美味しさが感じられなくなってしまいます。毎日毎日ゆっくり子供の味蕾(味を判断する能力)をすり減らしていくようなものなのです。

 ですから、生協や生活クラブにあるような、成分無調整のつみれ・肉団子などは、まあ片目をつぶっておきましょう。しかし味付けの部分はお母さんご自身が行うことを守ってください。

他の章でもくどくど述べていますが、味の伝承だけが実は親と子を結ぶ唯一の絆だと私は思っています。すこし甘い味 少しぼけた味 これでいいのです。新人お母さんが苦労してつけた味、本やテレビで勉強した味は必ず子供に、その心が伝わります。

"お母さん今日の卵焼きおいしかったー”
こんな言葉が嬉しくなるなるためににも味付けはお母さんのオリジナルで!

味に自信が無い最初は、本やテレビのレシピどうりに始めてみてはどうでしょうか。

 もう一度繰り返します。お弁当つくりは見えないところでの親子の会話です。子供はお母さんが作ったものか、出来合いのものかは、しっかりわかりますよ。

②和風煮物に慣れさせる

子どもにとっての財産は健康な体です。欲張って言えば太りにくい体質です。

これを習慣付けるのが和風の惣菜を好きにさせることです。

根菜類の金平や青菜のおひたし 胡麻和えなどを好んでで食べる習慣と

スパゲッティーやハンバーグを好んで食べる習慣とどちらを財産として残したいですか?

もちろん、お料理の勉強をしたり一緒のものを食べることによってお母さんのダイエットにも役立ちます。

子供に食べさせてはいけない食品

原発事故以降 さまざまな報道がなさされていますが、大人が食べても良い基準値しか報告されていないことがとても不思議です。今年生産されたお米も、ほとんどが基準値以下で出荷されますが、検出された微量な数値は記載されていません。放射能汚染に詳しい学者は"安全な基準値など放射能にはない"と警鐘を鳴らしますが、厚生省は原発事故後1週間もしないうちに、その基準値を30-40倍に引き上げました。そんな基準値に合わせて出荷されているのが今の日本の農産物です。

スーパーの棚に並ぶ野菜果物なども最近では産地表示をせず、裏面を見よ としか書いてありません。産地生産者 中間販売者 ともに苦渋の決断をしているさまも見て取れますが、小さなお子さんのいる家庭ではそれを斟酌するわけにもいきません。

よく風評被害による生産者を救えと キャンペーンが張られますが、消費者を救えというキャンペーンはありません。ここは我が子のため自分の知識と目で判断するしかないのが現状です。

水産物は静岡県の前の海 駿河湾から北の太平洋側の海はほぼ駄目です。農産物も同じように静岡から北 太平洋側の産地はおすすめできません。とはいえ、東日本で暮らしている人は東日本の食品しか、なかなか手に入りませんから放射能汚染地図などを頼りにその産地を独自に判断するしかありません。海産物ではそこにすむ生物は避け、山間部のキノコ 野草 山野鳥 獣などは放射性物質がたまりやすいといわれているので、できるなら避けたほうが良いでしょう。

今現在も事故後から空中に 海水中に放射性物質はずっと垂れ流されていますから今後は蓄積された放射し物質の2次拡散も心配です。稲藁や腐葉土になって全国中にでまわったり、農産物や水産物の残渣に残った放射性物質も決してなくなることはなく蓄積 拡散していきます。(家庭菜園などで東日本の腐葉土などを買ってはいけません)

ため息しか出ない現状ですが、一部の産直業者などは独自に計った数値を広報しながら販売を始めましたし、生協などでも公表を始めました。そんな中から食べるものを選んでいくしかありません。

最後にもう一度申し上げますが、大人にとっては基準値以下は意味がありますが、子供にとっての安全な基準値はありません。ゼロ以上は危険だということです。